IBSの治療

社会的な背景は今どんどん変わりつつあります。昔から日本の中心であった大阪や東京といった都市ではその変化が激しいです。体や精神がその変化には急についていくことはできませんので、無理をしているとその内不具合が出てきます。IBSはその病気の一つです。IBSとは日本語でいうと過敏性腸症候群ということです。胃腸が過敏になっている状態で、長年に渡り下痢や便秘を繰り返しているという状態がその病気にあたります。残便感があり、お腹に常にガスがたまっている状態がとてもきついので、治療方法が模索されてきました。今では大阪各地の心療内科やストレス内科で、IBSの治療が行なわれてきており、症状に苦しんできた人々の問題を解決に導いています。少し冷たいものを食べただけで下痢をしてしまう人もおり、そういった人々で日常生活が送れずに悩んでいる人はIBSの可能性が高いです。

IBSは心療内科との関わりも深く、それは胃腸の不調はストレスが大きく関わっていることが分かっているからです。腸が動きやすく、敏感な人はIBSになってしまう確率が高いですが、同時にストレスに弱い人もIBSになる可能性が高いことが調査によって明らかになっています。また、コロンブスの卵といった状態ですが、IBSの症状が出ていること自体が精神的なストレスにつながってしまっているという場合もあります。心療内科でもIBSに特化した内科がありますので、腸の状態を詳しく知りたい、診断や治療を行いたいという場合は大阪など近くに住んでいる地域にIBSの治療を行なっている心療内科がないかどうかを調べてみましょう。レントゲンやCT、MRIなどで詳しく検査してから、食事療法や心理療法などが行なわれます。