体とうつ

心の病気といえば現在身近になってきているのがうつ病です。特に都会ではうつ病にかかって休職したり退職に追い込まれてしまったりする人が急増しています。精神的な病気の一種なので、精神科で治療が行われることになります。心療内科といえば、心理的、社会的ストレスが原因となっている体の不調を治療する役割があり、本来精神科や神経科が受け持つような双極性障害やうつ病は治療の範囲内ではありませんでした。しかし、うつ病は精神的な問題以外にも、頭痛や腹痛が止まらなかったり、体が脱力してしまい力が入らないということもよくあります。この場合、身体、つまり内科的なアプローチも必要となるので、最近では心療内科でも治療が受け持たれることが多くなってきました。もし体に原因不明の体調不良が起きてしまっており、解決しない場合は、うつ病も疑われるので一度大阪やその他都市にある心療内科を受診してみると良いです。

うつ病の場合体に起きる症状としては、以下のことがあげられます。精神状態でいえば、わけもなく、あるいはちょっとしたことでイライラしてしまったり、集中力が途切れるということがあります。いつもやっていることができなくなってきた場合には、精神状態に不調が起きていると考えた方が良いです。自殺願望が出てきてしまうと危険な状態なので、大阪など近くにある病院を訪ねた方が良いです。また、大阪にも多数ある心療内科では体の状態に注目して診療を行なっています。体の症状に関しては、意味もなく疲労感が続き、それが二週間以上にも渡っている場合です。他の身体的異常であると感じて風邪薬や頭痛薬を飲んでそのままにしている場合もあります。頭痛や腰痛があり、他の病院で診察してもらっても異常がない場合はうつ病の検討もすると良いです。